実習生受入れの流れ

外国人技能実習生の受入れをお考えの企業様に、解り易くご説明いたします。
企業様にヒアリングを行い、作業内容と実習作業職種を確認し、経営状況の審査の後、受け入れ可能か審査を致します。審査後、ていけい協同組合に加入頂き候補生の募集・面接・教育と進み3~4ヶ月で入国します。入国後一ヵ月の日本研修を経て企業様へ配属となります。

 

企業様配属までの流れ

①企業様にヒアリング
作業内容と実習作業職種確認、経営状況の審査の後、受け入れ可能か審査を致します。
②ていけい協同組合加入
ていけい協同組合に加入するにあたって、組合出資金を1口1万円をお支払い頂きます。(脱退時返却)
③現地で技能実習生の募集
募集条件(賃金、性別、年齢等)を元に送り出し機関にて候補生の募集を行います。
④現地にて面接試験
企業様には現地での面接にお越しいただくことを推奨しています。
その際、当組合スタッフが現地面接のフォロー、案内を致します。
⑤在留資格認定申請
面接終了後、申請書類を作成し、外国人技能実習機構、入国管理局に提出致します。
企業様には必要書類の提出、押印をお願いします。
⑥3ヶ月間の現地教育
面接終了後、現地の学校に入り日本語の読み書き、会話スキル、生活する上で一般的に必要な知識をカリキュラムに沿って学びます。
⑦技能実習1号として入国
面接から3~4か月で入国致します。(書類審査で前後致します)
⑧1ヶ月間の日本語講習
入国後約1か月かけて、日本語講習、入管法、労働基準法等の教育を行います。
⑨企業様に配属
1ヶ月の日本語講習の終了後に、企業様に配属致します。
当日は、通訳と共に市役所等で手続きを行った後、寮に送ります。

実習生の受入れ・監理の事ならお任せください

実習生について問合せる